ダイレクトボンディング

歯のプチ整形 ダイレクトボンディング!

隙っ歯(すきっぱ)が気になる…」

「一本だけ周囲の歯より小さいがある…」

「年で歯茎が下がり隙間が気になる…」

このようなお悩みはありませんか?

そんなあなたに、歯を削らずに形を整えるダイレクトボンディングがオススメです!

ダイレクトボンディングって何??

ダイレクト ボンディングとは、歯を削らずに直接プラスチックを盛って歯の形をキレイにする治療法です。

前歯の歯と歯の間が開いている隙っ歯の治療を例に説明いたします。

元の歯の状態、前歯の間がひらいています。
歯の汚れを取り、プラスチックを歯に盛っていきます
形を整えて研磨したら完成です!

ダイレクトボンディングのメリット、デメリット

メリット

  • 矯正のように時間や費用がかからない(原則1回で完了)
  • 被せ物のように歯を削らないので歯がしみたり痛む心配がない
  • 後に矯正をする事になった場合は、取って元の歯の形に戻す事ができる

デメリット

  • 硬いものを噛んだ場合に外れる恐れがある
  • 歯ぎしり、食いしばりの強い方はできない場合がある

治療費

1歯5,000円 (保険適用外)

上記例の場合は左右の前歯に盛り足すので、5,000円×2本で1万円です。

Q&A

プラスチックなのに健康保険が使えないのはなぜ?

健康保険は虫歯等の疾患のある歯を治療する場合しか適用されません。

健康な歯もしくは治療済みの歯を治療する場合は保険適用外となります。

タイトルとURLをコピーしました